SakaeKita High School


栄北日記 -2022 sk portfolio-
☆★ご愛読ありがとうございます。☆★
栄北日記ただいまの訪問数は、 です。
クリック!!

 2022年度、依然、コロナ禍ではありますが新しい日常生活の中で、感染対策を万全に何事にも臆することなく挑戦していきましょう。




修学旅行1班最終日道頓堀へ
 2班USJへ

 1班は最終日は、天保山・海遊館・ハーバービレッジからの道頓堀散策です。2班はUSJを満喫です。



修学旅行1班大阪へ
 ユニバーサルスタジオジャパンへ
  4日目

 1班は、早くも4日目、待望のユニバーサルジャパンを終日班別研修です。2班は京都市内探索、班によっては着物で記念撮影。よき思い出になりますね。



修学旅行2班も広島へ
 2年生広島・京都・大阪へ

 2年生2班も昨日、宮島の厳島神社にてクラス写真、宮島の鹿がフレームイン。本日は、広島平和記念公園から京都へ向かっています。1班は、終日、京都市内で班別での自主研修となっています。



待望の修学旅行へ
 2年生広島・京都・大阪へ

 日曜日と本日から2年生が、2班に分かれて広島・京都・大阪方面に修学旅行へ、依然としてコロナ禍での日本国内ですが、やっと大きな行事を実施できました。 初日は、東京駅から新幹線「のぞみ」で広島駅まで、そこから、貸切バス、宮島へフェリーで渡り、厳島神社へ。宿泊は、滋賀県のびわ湖プリンスホテルです。 2日目も晴天の中、広島平和記念公園・原爆ドーム見学後、再び新幹線にて京都へ向かいクラス別研修。明日3日目は終日、京都市内判別自主研修となります。



最近の授業から、放課後の様子です。
 ~中間試験1週間前です。~

 10月に入り、残暑も今日でひと段落でしょうか?雨とともに気温が一段と下がりました。最近、授業や放課後学習の様子に変化?が、久々に午前中の授業と放課後の様子を撮影に、以前に比べ、生徒たちの様子がだいぶ変わってきていることに驚きを隠せません。授業・放課後でも、コロナ禍で一気に進んだICTツールが当たり前のように活用されています。生徒・教員で、さまざまな形で有効活用している様子がうかがえます。放課後は、自習室に加え、食堂も開放、もちろん、教室も。個別ブースでの学習、グループでの学習、各クラス・一人ひとりで学習への取り組み方が多種多様に進化している模様。3年生のみならず、1年生・2年生も放課後に学校で勉強する生徒が大幅に増えています。ほぼどこでもWi-Fi環境が整備され、スタディサプリ動画などを活用した大学受験対策も。放課後の時間は、二者面談が進路相談室の個別ブースや廊下などいたるところで実施されています。「一つ上の自分に、だれもができます。やればできる。」



第22回栄北高祭

 第22回栄北高祭9月17日(土)、18日(日)に実施いたしました。新型コロナウイルス感染症に伴い、感染拡大防止対策を徹底した上で、生徒・保護者のみの限定公開でした。多くの保護者・ご家族の方々に来校していただきありがとうございました。久しぶりのイベント開催となり、準備期間も短い中で、盛大に実施することができました。3年生は、受験本番を迎える中で、一つの節目として、クラス模擬店やイベント、部活動発表など高校生活最後の思い出を作ることができたのではないでしょうか?生徒会企画のなんでもパフォーマンスやのど自慢大会、多くの生徒が普段とは違った一面を見れるのも栄北高祭ならではの伝統になってきているようです。まずは、第一段として、その様子を写真でお伝えいたします。本校に入学を希望される中学生や保護者の方には、可能な限り、学校説明会や入試個別相談会の待ち時間等で動画等で公開予定です。ぜひ、栄北の雰囲気を感じていただけると幸いです。

第4回エンパワーメントプログラム
 DAY5 -Final day!

 5日目、最終日も最後までディスカッションとプレゼンです。最終テーマは、多様性、ダイバーシティーです。今回、ファシリテーターをはじめ世界各国からこの栄北に集まっていただいた留学生は、本当に優秀な学生でばかりですが、みな相当の努力をして、それぞれの出身国からこの日本に留学し、将来グローバルリーダーとして活躍することを夢みて学んでいる学生です。そんな彼らとこの5日間、英語のみでコミュニケーションをとり、自分自身について改めて考え、自分を変えることの第一歩が踏み出せたのではないでしょうか?最後のプレゼンテーションでは、このプログラムを通じて学んだこと、将来の夢や目標を一人ひとりがプレゼンしました。初日とは比較にならない成長ぶりです。このプログラムは、5日間では終わりません。ここがスタートになります。もし、自分も参加してみたいと思ったらぜひ、次の機会は率先して参加してほしいと思います。このようなチャンスはなかなかありません。また、エンパワーメントプログラムと聞いた名称だけでは、なんだかわからないと思いますがぜひ、多くの人にこのプログラムのすばらしさを知ってほしいと思います。栄北高校では次なる挑戦者をまっています。I CAN CHANGE! EVERYBODY CAN CHANGE! 誰もが変わることができます。



第4回エンパワーメントプログラム
 DAY4

 4日目のプログラムは、リーダーシップについて、世界のリーダーとなった有名人、偉人に学び。次世代のリーダーとなるべく、今世界に求められるグローバルリーダーとは、グループディスカッションとプレゼンテーションを繰り返し、ディープラーニングに進んでいます。新型コロナウイルス感染症対策で、なかなか実現できなかったアクティブラーニングの本来の形に、コロナ対策を万全に、生徒たちは日々急速な成長を遂げているようです。生徒は、毎日が楽しいとみな笑顔。学ぶことの意義となぜ学ぶのか、この辺を直に肌で感じながら、この日、最後のディスカッションテーマだったようです。午後には、ストーリー型のアクティブプレゼンテーション。演技パフォーマンスを組み込んだワンランク上のプレゼンテーションにレベルアップしていました。



第4回エンパワーメントプログラム
 DAY3

 3日目のプログラムは自己アイデンティティとSociety4.0&5.0でした。アイデンティティあまり聞きなれない言葉ですが、自分は何者であるのか、個性であるとか、自分はどういった性格でどんなキャラクターなのか。自分を他の人に理解してもらうための第一歩、自分について考え、自己紹介のようなプレゼンテーションでした。留学生の一人が母国ではポケモンのキャラクター「ピカチュウ」が人気であり、まさにピカチュウのような自分自身であるとイラスト付きでプレゼン。とても分かりやすいアイデンティティの説明でした。3日目は、生徒同士のみでグループ毎のリーダーとサブリーダーなど役割を決めてのグループディスカッションからのプレゼンテーション。午後は、これからの未来社会について考え、世界中で終息が望まれる新型コロナウイルスの対策にさまざまな情報技術やAIなどを活用することやスマートフォンなど情報技術の活用の課題などを考え、グループ毎に発表しました。



第4回エンパワーメントプログラム
 DAY2

 2日目のプログラムは問題解決をテーマにして、さまざまな壁を乗り越えるためのポジティブシンキングからプレゼンテーション練習。みんなの前で、発表する練習です。まだ、準備したペーパーを見ながらの発表ではありますが、失敗を繰り返しながら挑戦するという精神を鍛えます。最初は、みな緊張しドキドキですが、徐々に大勢の前で発表するという心構えに慣れてきます。日々、グループディスカッションとプレゼンの繰り返しです。留学生はドイツ、ネパール、ナイジェリア、インド、セネガル、ミャンマー、ガーナ、フィリピン、ベトナムなどの優秀な大学生で、彼らもまたこのエンパワーメントを通じて学ぶ学生です。栄北の生徒とコミュニケーションをとりながらお互いに成長していきます。このプログラムを通じて、将来、グローバルリーダーの一人として、自信をつけられる良い機会になるはずです。



第4回エンパワーメントプログラム
 DAY1

 今年度第4回目のエンパワーメントプログラムが対面での実施、依然コロナ禍であることから、東京大学・筑波大学・東京外国語大学・埼玉大学を始め、日本国内に留学している海外の大学生12名が栄北へ、5日間のグローバル社会で活躍できるリーダーシップを育むための英語をツールとしたコミュニケーションと自己アイデンティティ、国際貢献やSDGsなど。世界が抱える様々な問題に着目し、ポジティブシンキングによる世界を変えるための第一歩を踏み出しました。小さな変化から大きな変化へ、ちょっとした一人ひとりの考え方や取り組みがやがて大きな変革をもたらすのではないでしょうか?そんな目標設定から第一日目がスタートしました。



第1学期終業式
 壮行会
 夏期講習開始

 第1学期後半、再び新型コロナウイルスが猛威を振るい、通常授業とリモートを活用したハイブリッド型の授業展開。20日には、終業式を迎え、全国大会出場に向けた壮行会を実施。今年度も夏休みを利用した夏期講習会が21日から開始されました。3年生は受験本番です。自分自身のレベルアップのため、この夏の戦いが始まりました。1・2年生も学校で自習に取り組む生徒たちが多く見られます。1学期最終日には、面接対策講座も実施されました。



第21回体育祭
 上尾陸上競技場から

 第21回体育祭を上尾運動公園の陸上競技場にて実施いたしました。コロナ禍で中止を余儀なくされていましたが、今年は在校生のみではありますが栄北グラウンドから上尾の陸上競技場へ。3年生は、最初で最後の高校での体育祭ということで練習期間も短い中でも工夫をした入場パフォーマンス。久々に帰ってきたソーラン節、そして、新しい競技種目などに生徒も教員も全力で取り組み、笑顔と活気にあふれたイベント開催となりました。すでに、栄北高祭に向けて準備が開始されています。通常のイベント開催が継続できるよう感染症対策には十分気をつけて取り組んでいきましょう。



第17期卒業生教育実習
 放課後の様子

 本日で、第17期卒業生の教育実習が最終日とのことで、卒業しても変わらぬ笑顔の記念撮影。教育実習の授業中に撮影してあげられればよかったのですが。放課後、写真部も活動が盛んになり、先日伊奈町を歩いて撮影した写真を展示中、お気に入りの写真に投票できます。今日は、実習生と一緒に記念撮影を行いました。美術部も素晴らしい作品が出来上がりそうです。情報技術部による七夕飾りには、多くの生徒が短冊に願いを。皆、たくさん願いを書いていました。徐々に、学校行事なども通常開催に向けて準備が進んでいます。3年生はすでに受験モードに。1・2年生の一部のクラスでは、ひそかに来週実施予定の体育祭の応援グッズ制作を始めているようです。



大学・短大・専門学校進路相談会

 先日、2、3年生を対象とした大学・短大・専門学校の進学相談会が実施されました。新型コロナ対策により、密を避けて学校ごとに会場を分散しての実施。 2・3年生は、夏休みのオープンキャンパスの日程や実施状況などを確認したり、資料をもらったりと、この夏の受験スケジュールを立てる第一歩となったようです。 また、今月は、3年生は進路三者面談、1・2年生は二者面談を実施しています。3年生の本校での夏期講習の日程も公開されました。1・2年生についても夏休みを 有意義に過ごせるよう、部活と勉強の計画を立て始めましょう。



3年生校外学習へ

 3年生、久々の校外学習です。箱根・芦ノ湖・富士急・御殿場の2泊3日、新型コロナウイルス感染拡大防止により自粛を余儀なくされてきましたが、今年は何とか実施することができました。友達との大きな思い出になったようです。箱根ジオパークやプリンスホテル、温泉、富士急ハイランド、アウトレットでの買い物と存分に満喫。久々に生徒たちの笑顔が溢れ、引率した教員から実施できてよかったとの声が聞こえてきました。






1年生iPad活用の様子

 今年の1年生には一人一台のiPad端末が配布され、日々のHRや授業、放課後の自習などで、教員も生徒も様々な形で活用が始まりました。今年度から新学習指導要領には情報活用能力を学習の基盤となる資質・能力の一つとして位置付けられ、観点別の評価方法も導入されます。本校では、授業支援アプリとしてMetaMojiClassRoomを活用していきます。様々な形のデジタルプリントを生徒へ配布、生徒はここにデジタルノートとして書き込むことで、先生は常に学習状況をモニタリングや採点・確認し把握できます。生徒のより主体的な活動が促進できます。小テストやグループワーク、プレゼンテーションなど、様々な方法で応用できるので、ほぼ全教科で活用がすすんでいます。従来の形とICTツールを組み合わせた新しい形の授業づくりが始まりました。




防災講話を実施

 5月も半ば、校舎前のロータリーにはいろいろな種類の花が咲き誇っています。先日の全校集会で校長から、いろいろな花が咲くように本校の生徒もそれぞれの個性を尊重し、多様性を認め合える学校にとの話の中で、一度、花に気を留めて眺めてみようと。とてもきれいです。ちょっと足を止めてみてはいかがでしょうか。学校では、避難訓練に合わせて、防災講話を実施。また、先週末には令和4年度奨学金認定書授与式が行われました。そして、毎朝、7時には職員室前で学習体制の生徒たち、皆それぞれに頑張っています。




4月の振り返り。

 新年度がスタートして、1か月が経過、1年生はガイダンスや校外学習、対面式、部活動紹介とあっという間、一人一台のiPadが配布され授業やHRで活用が始まりました。そして希望の部活動へ入部届を提出。 2・3年生も、何とかコロナ禍ですが、通常のイベントなどが開始されました。ただ、新しい形で工夫をしながらの実施です。今年度、生徒会ではリモートを活用した対面式や部活動紹介を実施。栄北高校での学校生活などをクイズ形式で出題するなど楽しみながらの生徒中心の企画で実施。また、放送委員会も立ち上がり、本校初の一斉放送システムを使った新しい部活動紹介を昼休みに放送、生中継や動画配信を利用。また、担任の先生との面談などもさまざまなところで実施。放課後の自習室開放や教室での学習は1年生から3年生まで、毎晩遅くまで励んでいます。朝7:00に登校し職員室前で学習する生徒も増えています。すでに3年生は土曜日の午後にも放課後演習を実施。もちろん、部活動も両立できるよう計画を立てながら、隙間時間を最大限有効活用して、文武両道に挑戦してほしいと思います。




2・3年生遠足
 ~ディズニーリゾートへ~

 コロナ禍を乗り越えての遠足、生徒も先生も待ち望んでいたディズニーリゾートへの遠足がとうとう実現。コロナ対策は依然と気が抜けませんが、安全・安心のもとでの実施。久々の校外学習に生徒も思いっきり楽しんでいたようです。今回の実施は、ディズニーアカデミーの特別プログラムが必須となりました。事前にディズニーキャストの動画の視聴に始まり、オンライン形式でディズニーアカデミーへ参加、東京ディズニーリゾートのキャストがゲストをおもてなしする上で大切にしている考え方や東京ディズニーリゾートで実践しているコミュニケーションのポイントを、キャストによる実演を通じ、キャストの仕事を知った上で、さまざまな仕事を通して「働く」ことの大切さをオンラインで学習、実際にパークで体感し、ディズニーアカデミーとパーク体験を通じて感じたこと、気づきを振り返り、パーク体験後に振り返りを行うことで、学習効果を高めるといったキャリア教育の一環としての実施。ただ間違いなく、学校の友達と制服に身をつつみ、皆揃ってディズニーへ行けたことが自体が、なによりの思い出になったのではないでしょうか。



第1学年南魚沼オリエンテーション

 2年ぶりの1年生校外学習、南魚沼へ宿泊オリエンテーションへ。依然、コロナ禍の為、感染予防はもちろんですが、1年生が2班に分かれての新潟県南魚沼へ。 まだ、雪が残る山々と桜が満開の中、1年生初めての大きなイベント行事、新担任のもと、クラスや学年の仲間たちとのレクリエーションを通じての親睦を深め、 新潟県南魚沼の名物、笹団子を地元の方たちと一緒に手作り体験です。久しぶりの学校を離れての活動に、先生も生徒もさまざまな企画やレクリエーションを考えて実施、 今年から配布された一人一台のiPadは、全体連絡など、コロナ禍で集団での連絡時など大きな声が出せないなかでもコミュニケーションツールとして大きく活躍、さらにクラウド上でのMetaMojiアプリでのバーチャル教室を実現し、さまざまな情報共有ができ、クイズ大会や謎解きなど、旅先での企画イベントも楽しめたようです。もちろん、学習アプリもそろっているので、ここに個別学習も進んだようです。

第23回入学式を挙行いたしました。

 本日、さくらの花びらが舞う中、暖かな日差しにも恵まれ、第23回入学式が挙行されました。新型コロナウイルスの感染予防には依然として徹底した対策が余儀なくされるため、各家庭で保護者様1名の参列です。新入生544名が担任から呼名され、校長から第23期生入学許可となりました。校長式辞では、松岡修造さんの言葉「唯一無二の一球なり」から、これからの人生において、どんな球が飛んできても打ち返せるように日々精進して鍛えていこうというお話し。また、保護者会会長からの祝辞と保護者代表あいさつをいただきました。新入生誓いの言葉を受けて、教職員一同、生徒一人ひとりが一つ上の自分に、生徒だれもが最後まで諦めずに挑戦できるよう教育活動に全力を挙げて取り組んでいく所存です。14名の担任の先生の紹介後、各ホームルームでの保護者会が実施されました。生徒は、記念館ホールでの配布物や連絡のあとに吹奏楽部とコーラス部の演奏披露がありました。ぜひ、この栄北高校で勉強や部活、さまざまなことに挑戦し充実した3年間を過ごしてほしいと思います。




さくら満開
 ~春期講習~

 先週末からの暖かさとともに、校内のさくらが満開になりました。春期講習も実施されていますが、今年の卒業生も昨年度に引き続き素晴らしい成果を残してくれました。在校生たちは、掲示板の大学合格一覧を眺め、目標とする大学をそれぞれに、戦略を考えているようです。生徒はもちろんですが、 各教科の教員も気合十分です。朝から90分×2コマ~4コマと、夕方まで白熱した授業を展開しています。あき教室も自習室として開放しているので1年生も朝8時前にには登校し、すでに学習体制の生徒もちらほら、部活動もやっと蔓延防止措置が解除され、コロナ対策のもとではありますが、各部活も頑張っています。

過去の日記はこちらからどうぞ