栄北

栄北の教育サポート

栄北教育サポート 栄北教育サポート

栄北の進路指導 3つの柱 「行ける大学」から「行きたい大学」へ

基礎学力の上に思考力・判断力・表現力を養い、ワンランク上の大学合格に向けた教育改革を行います。

2020年の大学入試改革では、①十分な知識・技能、②「思考力・判断力・表現力」などの能力、③それらの基になる主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ姿勢の3要素を重視するといわれています。従来の学力をさらに発展・深化した「学力評価」「人物評価」の要素も盛り込んで、合否を判定する入試へと大きく変わっていくのです。こうした動きに対応するためにも、栄北は3つの柱で、一人ひとりの進学ニーズに応えます。



アクティブ・ラーニング
目標

授業はもちろん、学校生活の中で、自ら一歩踏み出し、考え、チームで問題解決できる力を育成。 重視するのは、何をどのように学んだか、その過程です。勉強や行事を仲間と楽しみながら、コミュニケーション能力、時間管理能力、自己管理能力を身につけていきます。

取り組み

■各種行事の運営を通してコミュニケーション能力を育成する
■チャイムのない生活で時間管理能力を育成する
■授業中の話し合いで思考能力を育成する



キャリア教育
2016年 栄北高校は、文部科学省「実社会との接点を重視した課題解型学習プログラムに関わる実践研究」指定校となりました。

目標

主体性をもって社会問題に関われる人材を育成します。こうした問題は、あらかじめ答えや解決法が定まっているものではありません。そこで1・2年生では伊奈町をフィールドにして、伊奈町商工会や伊奈町観光協会、伊奈町役場と連携したビジネスプランを考えていきます。こうした「協働」の中で、他人の意見を受け入れたり、自分の意見を表明したりする姿勢を養います。

取り組み

■ビジネスプラン学習
■選挙学習、知事選立候補、模擬選挙
■伊奈町連携地域活性化計画、伊奈ウオーク等の実施



基礎学力の向上
目標

日々の授業はもちろん、家庭学習を含め、自主的に学習の計画(Plan)を立て、実行し(Do)し、 振り返る(See)PDSサイクルを習慣化します。

取り組み

■「フォーサイト」記入を習慣化、振り返り・繰返し学習を実践。
■SKYシステムによる教材学習。
■通常の授業+放課後演習+家庭学習
■夏季講習+冬季、春季課題学習
■教科・クラス担任との二者面談、保護者との三者面談
■スタディサプリによる授業の予習復習、個別受験対応型学習